寄稿レビュー【MAZDA CX-8試乗レポート】

寄稿レポート

このクルマを簡単に言えば3列シートを有するSUV。

【戦略的ラインナップとして誕生】

MAZDA社はこれまで、MPVやビアンテ、プレマシーといったミニバン型の3列シート車をラインナップして来たが、現在それらは全て廃番となっている。

以前ほどの過剰人気ではないものの、新日本の定番ファミリーカーとして定着してきたミニバン市場から撤退するのもなかなかの経営判断だ、海外でもミニバン市場が縮小してきていると噂されることから考えると、日本専売モデルをわざわざラインナップするよりは、近年世界的にも人気を集めているSUVタイプ車両で3列シートを作ることでコスト的な整理が出来るという考えなのかも知れない。

 

【CX-8のサイズ感】

CX-8は一見既に販売されている5人乗りSUVのCX-5の後ろをストレッチして3列シートを付けただけかな…と思いきや、さにあらず。よく見ると似ているようでバランスや細かい部分の違いが結構ある。

具体的にはCX-5と比べて、

全長は4,900mmと400mmほど、全高も40mm大きくなり、前後ホイールベースも130mm長くなったが、全幅はCX-5と全く同じ。

実際乗ってみると駐車時の隣のクルマとのスペースはCX-5と変わらないことや、市内の取り回しについても違和感がない。個人的にはCX-5と比較した際の大型化によるネガはほとんど感じなかった。

 

【走りを味わう。CX-5との比較】

では、乗り味はどうか。そうそうにCX-5で気になっていた点の改善を感じることになる。

 

カーブの切り始めの際にGベクタリングコントロールの影響か、操舵角に対して旋回応答が良すぎて多少鋭敏に曲がり、微妙にオーバーステア気味に感じていた点がCX-8では無くなっていた。

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/driving/gvc/

これは全長&ホイールベースが長くなった分、CX-5より内輪差による巻き込みリスクが多少上がっているわけだから、オーバーステア気味な部分が解消されてドライバーが思った通りのラインをトレース出来ることはセイフティ面から言っても良いこと、大人のクルマとしての存在と考えた場合、この方がしっくりくる。

 

また、CX-5の初期モデルのガソリン仕様で感じていたフロントのドタバタ感、CX-8ではこれも長さやホイールベースによる重量増などの影響か、完全に解消されて車格に見合った鷹揚な乗り味を手に入れている。

おろしたての試乗車の状態でこの乗り味であることから考えると、足回りにあたりが出て落ち着いてくると、更に良くなることは想像に難くない。

 

さらに、今回のCX-8はCX-5と同じ2.2Lのディーゼルターボエンジンを搭載しているが、CX-5はアクセルを開けるとハーフテンポ遅れてパワーがやって来る感覚があり、そこにもどかしさを感じていたがCX-8はアクセルの踏み始めから穏やかにスーッとパワーが滑り込んでくる感覚がある。

エンジンや変速機、その他諸々の部分についてCX-5が出た頃から細かな調整がかけられていると感じる事ができた。

 

【CX-8の内装・居住性】

内装は基本的なデザインの方向性はCX-5と変わらない。

しかし、インパネやセンタートンネル周辺の高さを中心にした配置変更に起因すると思われる包まれ感や内装の質感は、CX-8の内装がCX-5のそれと比べ、ひとつ上の車格であることをさり気なく語る。

特に最上級グレードに相当するLパッケージなどはナッパレザーを使用した仕立てのシートやパッド類の感触の良さも含め所有者を大いに満足させるものと思う。

 

【良くできたシート】

改めてシートに着目すると、全体的にシートは見た目的に少し大柄で平板である。

事実乗ってみると、お世辞にも痩せているとは全く言えないボクですら「少しルーズフィットなシートだなぁ」と最初は思う。

しかし、実際に走り出してみるとシートがきちんと身体を包んで安定させてくれることから、このクルマの性格や合わせた躾になっている。

また、日本人と比べて大柄な外国人が乗っても、これならばしっくりくる「あんばいのいい」さじ加減なのかも知れない。

2列目シートは、後方に目一杯スライドさせると必要にして十分な足元スペースが現れる。

これより広い足元スペースが欲しいなら、いっそのことリムジンでも乗った方が良い。

 

CX-8は3列シート車である。

クルマ自体の全長がCX-5から400mmほどしか長くないため3列目シートのスペースは広くはないと思いきや、2列目ほどの広々さはないがわりとしっかりとしたスペースが取れている。

また、今回は座ってみなかったのだが見たところ2列目シートの下にトゥスペースもしっかりあるし、シート自体の位置も2列目のそれより高くなっているようなのでそう言った意味でも広さは十分にある。

個人的には国産3列シートSUVのなかで、これほどちゃんと乗れそうなサードシートを備えているクルマは他に見た事がない。

 

【CX-8とは】

CX-8は優雅で穏やかな存在感を放ちながらも、芯のある力強さを秘めたグランドツーリング的なSUVであると思う。

シンプルに言い方を変えると、陸上のクルーザーである。

文:伊七