ピックアップ レビュー 2020.2〜3 HONDA フィット

ピックアップ

2〜3月のピックアップレビューは新型ホンダフィット!

 

レビューはこちら→フィット

 

フィットは4代目のモデルとしてかなりイメージを変えて来ました。

3代目はスタイリッシュなイメージで展開していましたが、今回の新型(4代目)フィットは初代のようなファニーで可愛らしいデザインに戻ったと言えます。

 

画像元:https://www.honda.co.jp/auto-archive/fit/

画像元:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

 

 

【初代フィット誕生】


2001年「フィット」という車がホンダから発売されました。

見た目は丸みを帯びているものの可愛すぎず、すっきりしたシャープさも併せ持つコンパクトハッチバックです。

当時としては枠を超えた広い室内、質感、走り、燃費あらゆる面で優れた車でした。

その勢いはものすごく毎月販売記録を上げ続け、それまでカローラが33年間持っていた年間販売記録記録を塗り替えた程です。

特に燃費では、プリウスが発売されエコや低燃費の意識が高まっていた中、ハイブリッドでなくても燃費のいい車は作れる!という驚きを世の中に与えました。

この初代フィットがコンパクトカーのレベルを一気に押し上げた革命車だったことは間違いありません。

 

【フィット2代目以降】

このサイズと走りをベンチマークとして続々と各メーカーからライバルとなる車が発売されました。追われる立場になったフィットですが、2代目は男性層もとりいれるデザインへエンジンも変わりパワーや走りもブラッシュアップされ初代に引き続きカーオブザイヤーを受賞。

3代目さらにシャープなデザインに。正統進化していきます。

しかし少しずつ競合ライバル車も増える中で、フィット=「ホンダのコンパクトカー」という存在に落ち着いてきた感もありました。

 

【4代目フィット】


3代目から大きくデザインイメージを変え、初代のような丸みのある少し可愛らしいデザインになりました。

今回のフィットは技術やスペックなど見えるものを前面に押し出すPRするのではなく、フランス車のように数値で表せない部分に磨きをかけたと言われています。

確かにすばらしい数値でもそれが伝わるかどうかというのは難しいものです。

今回のフィットのテーマは「心地よさ」

例えばシート。このフィットのシートはともとてもよくできていますが、これは実際に乗ってみないとわからない部分ですよね。

また、パッケージで言えば例えばLUXEというラグジュアリーモデルでも、単なる高級車のスモール版ではなく、コンパクトカーの可愛らしさを保ちつつ高い質感をデザインする「提案」の詰まったものになっていると感じます。

知れば知るほど、接すれば接するほど新しい『フィットブランド』の意図に気付くことができると思います。

 

グレード展開も単なる松竹梅でなく、ユーザの属性やライフスタイルに合わせたラインナップ。

ベースグレードをBASIC

 

BASICにさらなる安全性や使い易い機能を追加、見た目の装備をプラスしたHOME(ホーム)

 

BASICにさらなる安全性や使い易い機能を追加、にアクティブなスポーツライフをイメージしたアクセントが印象的なNESS(ネス)

 

さらなる安全性や使い易い機能を追加、SUVテイストをプラスしたCROSSTAR(クロスター)

 

BASICにさらなる安全性や使い易い機能を追加、ちょっとオシャレでエレガントな装備のLUXE(リュクス)

安全技術、運転支援、ユーティリティー、技術などあらゆるところで磨きをかけたホンダの自信作。とても良くできた車だと思います。

カーポケではそんな新型フィットのレビューをまとめていますので是非ご覧ください。