「新型BRZ」旧型よりも“落ち着き”を感じる訳。スバルらしさを強めてGR86との違いも明確に

ライター:

モビリティジャーナリスト 森口 将之氏による「スバルBRZ」の記事。

エクステリアは先代に比べ前後のフェンダーの盛り上がりが控えめになったこと。
特にフロントは、フェンダーアーチの峰をそのまま後ろに流す、スムーズな処理になった。リアも盛り上がりの高さが抑えられ、なで肩気味になっている。
インテリアでは、インパネはメーターカバー、センターのエアコンルーバー、助手席側のすべてをアーチ型に盛り上げていたが、新型は水平基調の落ち着いた造形に。

みんなのレビュー

0
0.0 rating
0 out of 5 stars (based on 0 reviews)
★★★★★0%
★★★★0%
★★★0%
★★0%
0%